足立の病魔さん 異形狭心症 トロザハント症候群 大腿骨骨頭壊死(両足)


名前   足立の病魔
病名   異形狭心症 トロザハント症候群 大腿骨骨頭壊死(両足)
病歴   1.異形狭心症 97年発症
      2.トロザハント症候群 99年発症
      3.大腿骨骨頭壊死(両足)03年発症
性別   男
年齢   51歳 

97年に異形狭心症で病気になりました。これは現在薬でコントロールができています。

トロザハント症候群でプレドニン40mgから初めて、減量も一時10mgと4mgまでへらしました。でも003年の魔の五月に意識障害で緊急入院をした。その時からプレドニン60mgになってしまった。

約3ケ月で退院してプレドニンも25mgに減り、また10月に20mgになって喜んでいましたが、11月に急に足が痛く
て歩けなくなり、整形外科で診察を受けたら、プレドニンの副作用で大腿骨骨頭壊死(両足)になっていると言われて愕然としました。

手術の予定もありましたが、12月に右の大腿骨の骨髄炎を発症して緊急手術を2回実施して、股関節の手術ができなくなりました。

今は、プレドニン17.5mgを毎日のんでいます。
大腿骨骨頭壊死も悪くなり現在は車椅子の生活で一生車椅子の生活だと医師に宣告されました。

2003年から2004年で7回も入院して6回も手術を実施しています。
薬は、25種類ものんでいます。

現在一番怖いのは感染症です。(実際敗血症で死にかけている。)
手洗いとうがいは欠かせません。

あまりくわしくは無いけど薬の事自己責任を取ってくれれば、解かるはいんで簡単に答えてもいいですよ。
薬剤師ではありません。

2005/05/23

メールはこちら


戻る