カンナさん 皮膚筋炎・全身性エリテマトーデス・強皮症・緑内障


病歴= 2年
性別= 女性
年齢= 36歳

2年前に発症して4ヶ月入院しました。

最初はひどい口内炎、関節痛、左手が赤ちゃんの手のように腫れるというような症状でした。

入院後プレドニン60mgから始めました。パルスもやりました。しかし「ステロイドに抵抗性があるのでは?」と主治医に言われメソトレキセートも服用しました。そのおかげかCPK等血液検査の結果 はほぼ正常値になりましたが、感染症に弱くなり肺炎を2回やらかしてしまいました。

現在はプレドニン5.5mg(メソトレキセートは1年でやめました。)です。今でも慢性的な痛み、顔や手の赤みは続いていますがそれプラス退院後緑内症にもなってしまいました。病気になる前からひどい近視で少しその気はあったようですがステロイドを飲むようになって、眼圧が上がり弱っている視神経に追い打ちをかけたようです。昨年の夏、左眼の手術をして眼圧自体は正常になりましたが2〜3ヶ月に一度視野検査をするたびにジワジワと視野が欠けているので不安でなりません。

何か良い情報がありましたらメールをください。

2003/07/05

 

 


戻る