ロミさん 多発性筋炎,間質性肺炎



病歴= 1年
性別= 女性
年齢= 36歳


発病して、一年がたちました。

昨年の今頃手はこわばり、足はどんどん動きが鈍くなり40度ちかい発熱。これはおかしいと近所の市民病院にいき即日入院となり、私の体はどうなってるの〜って感じでした。この病院で多発性筋炎とわかり即治療を始めた方が良いという事で1週間ほどして専門医のいる大学病院に転移しました。入院の時点でck7700、間質性肺炎もあり心臓もはれ水もたまっていて、主治医の先生が大学病院の先生と連絡をとりながらパルスを初め大学病院に転移した時にはck1700におちていました。この時点でも食事だけはモリモリ食べていました。

それから二か月半の入院をして、ついでに歯の治療もし退院しました。この時プレドニンは20mg服用していました。

それから順調に7、5mgまでへり次は5mgかなと思い、つい先日一月の検査結果を聞きに病院に行ったらck140あり、通常平均ck40以下です。先生に気になるからと言われ調べたらなんとck1000あり、ショック(><)頼むから入院だけは勘弁してと思わず言っていました。

その日は点滴をしてプレドニンが25mgにふえ今現在自宅で安静にしています。主人には申しわけないないですが家事は全部主人がやってくれています。

遅ればせながら家の家族構成は主人と私と犬(大型犬2歳半)と猫(17歳)です。子供はいません。結婚して14年目にして授かった子を発病と同時くらいに流産してしまいました。ほんとへこみました。

精神的にも落ち込んでいるときの発病でしたから、でも主人がとにかく体が一番大事、命かけてまで子供はいらないと言い二人で話し合った結果あきらめました。そうと決まれば私の性格上楽しむ事ばかり考え、とくに今年に入り毎週のように友達とランチや買い物を楽しみ旦那が出張をいいことに遊び過ぎてしまい、こんなことになり反省してます。来週結果が悪ければ入院と言われてるので、とにかく薬よ効いてくれって感じです。

メールはこちら

2003/2/10


戻る